佐賀植物友の会



カテゴリ:[ 趣味 ]


154件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[136] シチメンソウ

投稿者: kami 投稿日:2018年11月 9日(金)00時30分28秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

今年は東与賀海岸のシチメンソウが9割以上立ち枯れしていると聞いていたので見に行きました。1枚目は今日の9時半ごろの画像です。この時間はちょうど満潮でしかも今日は大潮です。しかし、潮はシチメンソウ生育エリアにわずかに来ている程度です。水深も5cm以下です。干潟が濡れるのはこの時だけで、大潮の時以外は雨が降らない限りいつも乾いていることになります。

そのあとすぐに本庄江の河口付近に生育するシチメンソウを見に行きました。ここは完全に水没していました(2枚目)。すでに潮は引き始めており、5cmくらいは下がっていました。夕方16時半頃に再度見に行くと見事な群落が成立していました(3枚目)。

東与賀海岸のシチメンソウが立ち枯れした要因が少し見えてきました。有明海の干潟は毎年数センチずつ堆積が進んでいると言われます。東与賀干潟は大潮の満潮時にしか潮が来ないため普段は乾燥しており、今年の猛暑と日照りによりダメージを受けていたのでしょう。そこに今年は台風が2回やってきました。暴風にさらされ致命的になったのではないでしょうか。一方で本庄江は海水がシチメンソウを守ったのかもしれません。波浪はあったと思われますが、本来そのような環境に生育している植物ですから、土壌ごとごっそり持っていかれない限り大きなダメージにはならないと考えられます。個人的な仮説ですが、案外的を射ているかも知れません。東与賀海岸はシチメンソウにとって生育不適地になりつつあるようです。

東与賀海岸はシチメンソウ保存会がタネを取って蒔いていますが、今年は壊滅状態なため、本庄江のタネを採ろうと考えているらしいです。シチメンソウは有明海湾奥部にしか知られていませんので、生態系に悪影響を及ぼす危険があります。




[135] ダルマギク

投稿者: kami 投稿日:2018年11月 2日(金)23時01分5秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ダルマギクがちょうど見ごろになっています。ダルマギクは、長崎、佐賀、福岡、山口、島根の日本海沿岸の岩場に生えます。今頃の季節の海岸はちょうどツワブキも咲きだしており、薄紫色のダルマギクと黄色のツワブキの共演が見られます。ホソバワダン(キク科、黄色)もいくらか残っています。



[134] ヌカボタデ

投稿者: kami 投稿日:2018年10月27日(土)22時16分43秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

以前ノタヌキモを発見したと報告した湿地(クリーク)に再度行ってきました。
タデ科の植物があったので採集し、調べるとヌカボタデでした。
タデ科は似たものが多く、特にめったに出会えないヌカボタデ、ヤナギヌカボ、サイコクヌカボは明瞭には認識できていなかったので、すぐには分かりませんでした。ヌカボタデは浜玉町の溜め池で10年ほど前に見ていますが、個体の状態が悪かったため特徴をインプットできていませんでした。図鑑では何回も見ていますが、いまいちイメージできていませんでした。しかし、今回は状態の良い個体を見つけて図鑑通りだと理解できました。運悪くデジカメがバッテリー切れを起こし写真が撮れていなかったので、自宅で写真を撮りました。



[133] 脊振町の植物

投稿者: kami 投稿日:2018年10月17日(水)22時29分23秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

このところ訳あって連日脊振町をうろついています。
珍しい普通種と珍しい希少種を見つけました。

普通種の方はアオチカラシバです。前回の白花つながりともいえます。黒い方はごく普通にありますが、アオを見たのは2回目です。

希少種の方はメナモミです。私自身はじめての遭遇です。今の季節に最もよく見るのはコメナモミで、沿海地ではツクシメナモミをたまに見ます。メナモミの特徴は植物体全体に長い白毛があることです。一度は見たいと思っていた植物にようやく巡り会えました。メナモミは過去の標本記録も数点だけで新しいものはありません。なぜか佐賀県のRDBには入っていません。



[132] 白花3種

投稿者: kami 投稿日:2018年10月15日(月)08時47分50秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

土日は脊振町をうろつきました。そこで見た白い花を紹介します。
1枚目はシロツリフネ。普通のツリフネソウ中に混生していました。葉も少し白めです。
2枚目はシロバナヤマハッカ。現地で見た時には見たことが無いシソ科植物と思いましたが、標本をつくろうと新聞紙に広げた時に「あれっヤマハッカだ」と気づきました。
3枚目は白花のヒキオコシ。純白は初めて見ました。ヒキオコシは普通は薄い青紫色で、比較的白っぽいものもあるので変異内なのかもしれませんが、花そのものが一回り大きく感じるのでどうかしらと思っています。


先日紹介したヤマホロシらしき植物ですが、標本を再度点検すると最初見た印象よりは全体に毛が多いことが分かりました。従ってヒヨドリジョウゴの可能性が高いです。




[131] ヤマホロシ

投稿者: kami 投稿日:2018年10月14日(日)09時05分5秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

脊振町でヤマホロシらしき植物を見つけました。葉の形はヒヨドリジョウゴに似ていますが、特徴の毛がほとんどないため毛が少ないタイプがあるのかしらと図鑑で調べるとヤマホロシが該当しました。佐賀県植物目録には掲載されていませんし、標本リストを調べても出てきません。佐賀県初のようです。



[130] ノタヌキモ

投稿者: kami 投稿日:2018年10月10日(水)18時13分30秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

佐賀市内で初のノタヌキモを確認しました。個体数も結構多いです。
場所は明らかにできませんが、重機で地面を掘ると水がしみ出て池ができるような場所です。
それまで荒地だった場所に、実際にそうやってできた池に発生したので、埋土種子から発芽したと思われます。
しかし、ここは近い将来埋められてしまう予定です。ポリ袋いっぱい持ち帰り、庭の水槽で栽培することにしました。何とか救出できればいいのですが・・・



[129] ツクシガヤ

投稿者: kami 投稿日:2018年10月 6日(土)22時26分42秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ツクシガヤは流れがある川に生育するイネ科の多年草。全国では10の県でしか生育の情報が無く、そのほとんどが絶滅危惧Ⅰ類種です。奈良県では17株しか現存数が無くて監視員を配置して保全するほど希少なものとされています。佐賀県でも、伊万里市行合野川に1か所だけに生育するとして、絶滅危惧Ⅰ類種になっています。ただし、詳しい調査が行われていないと思われたので、既知の自生地を調べたところ、100m2くらいの面積にほぼ純群落で生育していました。多年草で大きな株に成長するので個体数は不明ですが、花茎の数は1m2に1000くらいありそう(10cm四方に10)なので、群落全体では10万の花茎があると思われます。さらにこの場所から下流側を調べると、約3㎞の範囲に直径50㎝から1m程度の株が100くらいありました。


今回ツクシガヤを調べようと思ったきっかけは、伊万里市府招の小河川(府招川)で3年前に生育を確認していたためです。1日かけて、およそ2㎞の川沿いを歩いて調べました。その結果は予想以上で、数えられる株がおよそ200ありました。1つの株が50㎝から1mくらいありますので花茎の数は計り知れません。府招川は川幅3~4m程度の小河川ですが、川底は岩盤からなっているところが多く、ツクシガヤは岩の隙間に生えることも多くありました。行合野川と府招川は同じ水系で約10㎞離れていますが、その間に何本かの支流もあって他でも見つかるかもしれません。画像は府招川の自生地で穂が白っぽく見えるイネ科は大部分がツクシガヤです。今がちょうど花の時期で穂が無い季節には識別が難しいと思われます。



[128] タコノアシ

投稿者: kami 投稿日:2018年 9月29日(土)19時14分47秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

 タコノアシ(1枚目)は、環境省や佐賀県のレッドデータブックで準絶滅危惧に指定されている希少種です。全国のRDBでは40の都道府県で指定を受けています。
 佐賀県の場合は調査不十分のところがありそうで、実体がよく分かっていないのではないかと思われます。
昨日、千代田町の境原(2枚目)と田手川(3枚目)を少し見てきました。
 境原の自生地は幅が4~7mくらいの河川ですが、2面コンクリートの内側にたまった泥の上にほぼ純群落の状態で生育していました(河川左側の黄緑色の植物)。ヨメナとボントクタデが混ざる程度です。このような状態が約400m続きます。歩いて調べた約1200mの河川両側に断続的に出てきました。歩いた場所全体では数万~数十万個体はありそうです。
 田手川はまだ300mくらいしか見ていませんが、かなりの量が生育していました。河川右側の低水敷の黄緑がそうで、ここもほぼ純群落です。この写真の全体に分布しているので、この場所だけで1万はあるでしょう。
このような場所がもし佐賀県内有明海側に広範囲にあるとすると、果たして希少種と言えるか問題になってきそうです。詳細な調査が必要ですね。
(ただし、潮の影響が強い場所には出てこないようです)



[127] Re: ヤマホオズキ

投稿者: kami 投稿日:2018年 9月21日(金)22時10分45秒 p83188-ipngn200202takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.126[元記事へ]

自己レスです。画像3枚目の植物はヤマニガナのようです。オオニガナは近畿以北に分布し、湿地に生育するとのことで、分布域、生育環境ともに違っていました。


> もう1種類、調査のスタート地点で見つけた植物がありますが、名前が分かりません。オオニガナまたはヤマニガナあたりかと想像していますが、この画像で分かる方は教えてください。


レンタル掲示板
154件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.