ひまわり畑



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ]


3373件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[4417] 「まる裏」&「凩」

投稿者: めぐる 投稿日:2019年 1月17日(木)01時02分17秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◆「まる裏」
桃にゃん、アニキ、そして也緒さんもお帰りなさいですね!!
いやーん楽しかったんだろうなあーもう想像するに余りある・・・うぅうん羨ますィーーー(≧0≦)
当日の雰囲気のお裾分けを頂き、気持ちがムクムクしております。
私もまた松山行けるように頑張ります!

◆『俳句生活』兼題「凩」
テツコさん【天】、比々きさん・たかさん・ゆいのすけくん【地】、おめでとうございます!!
ぴいさん、好きな句のリスト有難うございます♪
私も、ブログに挙げた句をこちらにも貼りますね。
書ききれないけど、ぴいさんのリストの中にも好きな句いっぱいです。

凩にひかがみ白き少女かな               多々良海月@鍛えられない「ひかがみ」。「凩」の冷徹。
木枯や飛べない鳥と飛べる鳥            すりいぴい@「鳥」に対して「木枯」のチョイス。
凩やがろんとメリーゴーランド          古瀬まさあき@「がろん」の重量感。「凩」の強さ。
凩やパ行の尖る高麗語                     ぐずみ@「尖る」。ヒリつく「凩」。
休むこと知らぬ若さよ凩は                 ひでやん@だからあんなに速く走れるのね!目からウロコ!!

凩や真珠色なる土星の輪                  みやこわすれ@次回の「るるる」の例句に頂きたいくらい。うっとり。
凩の悩みをそっと聞きました              哀顏騎士@一緒に泣けるかも知れない。
木兎に聞け木枯しの生家なら            七瀬ゆきこ@「木兎」に対して「木枯し」チョイス。
凩や育てたように育ったな                 青海也緒@ひー(^^;;;;;
凩や学校すごく遠くなる                     むらさき(6さい)@「すごく」実感。

凩やみづうみはみづみたしたる          紅さやか@「凩」が湖の色を深くする。
木枯こがらし森ほがらかにひらけゆく  佐藤儒艮@木は身軽になって笑っているんだなあ。
凩や左手だけのピアニスト                小山晃@「凩」が心を燃やす。
凩やマトリョーシカは厚化粧               奈良香里@でんとして。
付け慣れぬコロン凩騒ぎたる              灰田兵庫@女心!

何もかも全然うまく表現出来ていませんが、ズドンと来た句ばかり。
「凩」に「途轍もないエネルギー」を感じた時、これまでと違ったイメージで立ち上がるモノがありました。
皆さん、多大なる刺激と学びを有難うございます!!!
夏井先生、「凩」を兼題にしてくださり有難うございました!!

◆ぴいさん&あまぶーさん
いろいろおめでとうございます!!
今年も皆さんのご活躍を眩しく拝見しながら、己にカツを入れていこうと思います。
改めまして、どうぞよろしくお願い致します!!!




[4416] いろいろ

投稿者: すりいぴい 投稿日:2019年 1月16日(水)02時35分53秒 p2892057-ipngn201002osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

失礼します。
まる裏へ行かれたみなさん、興奮冷めやらぬようですね。またどこかでおききしたいですね。
石川焦点さん洒落神戸さん桃猫さんチーム。決勝進出おめでとうございました。
桃猫さんの舞い上がりぶりが目に見えるような(笑)。

青海也緒さん、ごぶさたしておりました。また「るるる」でよろしくお願いいたします。
桃猫さんの「やわらかな心を平易な言葉で表すんだ」という言葉、自身で再確認したいですね。
めぐるさん、「秀句に学ぶ」鑑賞を拝読しました。雑感なんてとんでもない。いいものを読ませていただきました。
しかし近時の、次郎の飼い主さん、いいですね。「野性俳壇」でよく御句をみかけました。
ひそかさん。私も「一句一遊」での御句を楽しみにしております。本年も本掲示板を見守りいただければ幸いです。ご無理のない範囲で・・。 ではでは。
P



[4415] こんばんは「凩」

投稿者: すりいぴい 投稿日:2019年 1月16日(水)02時22分10秒 p2892057-ipngn201002osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

みなさま正月も終わりました。まる裏参戦のみなさん、楽しい時間を過ごされたようでなにより。
うれしい再会もあったようですね。いろいろ溜まっているのですが、ひとまず昨日の「凩」から。
どれももちろん素晴らしいのですが響いた句、好きな句を挙げ、再確認の学びとしたいです。 敬称略です。

「天」凩に磨かれ唖の木叫びけり テツコ
@ある季語には合う動詞というものがあると思いますが、まさに。2つ使いながらぼやけていません。組長の言われるように2つの擬人化が成功しています。テツコさん、おめでとう。

「地」凩を呑むや肺腑は巻貝に    中原久遠@「肺腑」「巻貝」に。言葉選びの的確さ。身体感覚。
「地」本命馬抜いて凩ぶっちぎり   葦たかし@「ぶっちぎり」。臨場感、場所選び
こがらしやこの×なんのばつなんや  ゆいのすけ4さい@現場性、気付き。これを季語が動くと言ってはいけない
5号てふ名前もなくて凩       いさな歌鈴@優しい。凩に沿ってますね。押さえもいい
凩にひかがみ白き少女かな      多々良海月@対比が効いてます。「白き」のあざやかさ。子は風の子
木枯らしや跫音硬き大阪駅      中岡秀次@「硬き」、地名の成功
木枯やチャールズ・チャップリンの無声 登りびと@あ、わかります。「y=」句もいいですね
凩やオコゼのような顔ばかり     白よだか@笑。「オコゼ」
凩に鳥の顔してバスを待つ      せり坊@観察眼、座五、「鳥の顔して」がいいなあ
凩や鶏下す舟着き場         彩楓(さいふう)@舞う羽根が見えます。寒そう
おほかみの声や匂ひや凩来      あまぶー@畳みかけ。特に「声」を入れたのがいいです
凩やパ行の尖る高麗語        ぐずみ@凩ぴゅーぴゅー。風は西から吹いてくる
凩やぞうきんがけのすべるすべる   ちま(4さい)@「すべるすべる」。寒さが二重。もう一句もかわいいです
凩や飼い主散歩させらるゝ      宮部里美@逆転の発想。でもそれを楽しんでいるふうもあって・・
凩はサハリンから否もっと北から   古田秀@字余りの成功。新鮮な言い回し。身震いしました

続きは明日以降、ということで・・。

本年あたまは、私生活と反対に(笑)うれしい投句結果知りました。12月ばたばたしてたので・・。
野性俳壇
「水仙」特選:ステッカーが来て知りました(笑)。どちらの選者かはまだわかりません・・。
「神の旅」:2人選佳作
俳句あるふぁ「オオカミ忌」入選:気に入った句だったので嬉しい。
一句一遊「去年今年」:金曜
NHK「数詞を詠む」」佳作 (あまぶーさん!一席おめでとうございます)
100俳雑詠、関先生特選:七色のコリアンタウン鮟鱇揺る(るるるのみなさんのおかげです)
霜夜なる薬はどれも違ふ色(2選者人選)

切磋琢磨、刺激、励ましに感謝申し上げます。



[4414] Re: まる裏行ってきました!

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2019年 1月15日(火)17時48分23秒 zaqd37c804a.zaq.ne.jp  通報   返信・引用 > No.4413[元記事へ]

> まる裏行ってきましたぁぁ!!
> 色んな方に「掲示板も桃にゃんさんですよね♪」と言われました~笑
> 焦点さん洒落さんの髭の似合うダンディな有名俳人とチームマリオ結成し
> 敗者復活で本選へ。ひゃーーー!!
> いつか詳しく書きたいですが…じ、時間が・汗
> とりいそぎご報告でした!

日曜日はありがとうございました。
桃猫さんのおかげで決勝の舞台に立つ事が出来ました♪
去年もチーム挨拶で舞台には立ちましたが、決勝トーナメントに出て立つのは別物ですね。
ちょっと来年も立ちたいという欲求が湧いてきました (^^;

最近は投句だけでワタワタ(今日もケシミンの〆切落とした~)で、るるるにも参加出来てませんが、これからも各所でよろしくお願いします m(_ _)m

http://haiku.no-iroha.com/



[4413] まる裏行ってきました!

投稿者: 桃猫 投稿日:2019年 1月14日(月)23時10分59秒 opt-115-30-237-151.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

まる裏行ってきましたぁぁ!!
色んな方に「掲示板も桃にゃんさんですよね♪」と言われました~笑
焦点さん洒落さんの髭の似合うダンディな有名俳人とチームマリオ結成し
敗者復活で本選へ。ひゃーーー!!
いつか詳しく書きたいですが…じ、時間が・汗
とりいそぎご報告でした!




[4412] 「まる裏」頑張ってー!

投稿者: めぐる 投稿日:2019年 1月13日(日)17時17分59秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

>桃猫さん、也緒さん
「まる裏」いよいよ明日ですね!!
前夜祭も盛り上がることでしょう、出逢いとスパークを楽しんできてくださいね!!!
大阪より、皆さんのご活躍を祈っております!!



[4411] まる裏が迫って参りました。

投稿者: 青海也緒 投稿日:2019年 1月11日(金)17時58分12秒 150-66-72-183m5.mineo.jp  通報   返信・引用

この場を借りてご挨拶させていただきます。
先日の一句一遊では、お便りで組長にチームを読み上げていただけるというサプライズ?がありました。
かなり緊張していて、あまり感じたことのない種類の緊張感にドキドキしております。
明日から松山入りする予定です。
当日、お会いできそうな皆様、よろしくお願いいたします!



[4410] 折り鶴

投稿者: めぐる 投稿日:2019年 1月 4日(金)23時29分34秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

◆ぴいさん
明けましておめでとうございます、
素晴らしい鑑賞文の紹介ありがとうございます!!
新年にふさわしい、淑気と慈しみに満ちた句ですね。
先日『俳句生活』兼題「帰り花」での天選句
返り花鶴はもともと真つ四角   椋本望生
を読んだばかりですので、ふたつの句の味わいの違いも噛み締めることが出来た気がします。
私もつい先ごろ、「秀句に学ぶ」にひとつ投稿しておりますが、
とても「鑑賞」とは言えんなあと思ったので、「雑感」と記させて頂いております。
ひとつの言葉から受け取るイメージの豊潤さ、書かれていない部分に思いを馳せる力、
少しでも磨くために今年はなるべく定期的に投稿していく所存であります。
ぴいさんの秀文も楽しみにしていますので、是非またご投稿くださいね!!
もちろん投句先の各所でのご活躍も楽しみです。
今年もよろしくお願いいたします!

◆ひそかさん
明けましておめでとうございます!
選者をお休みされるのですね、うわーーーんここ数回投稿出来ていなかったことが悔やまれる(TへT)
松山で買ったひそかさんの句集、繰り返し繰り返し読ませて頂いております。
大寒の刃渡り五十センチかな
急激に寒くなったこともあって、この句を毎朝思い出しています。
大阪はそんなに寒くないのですが、
いくら重ね着をしても突き刺すような隙間風を感じていた子どものころの寒さを思い出すのです。
これからも『一句一遊』でのひそかさんのご活躍を楽しみにしております。
今年もよろしくお願いいたします!!



[4409] 意外な発想のヒント

投稿者: ヨミビトシラズ 投稿日:2019年 1月 3日(木)23時53分38秒 sp49-98-67-151.mse.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

折鶴は紙に戻りて眠りけり 高橋修宏

そもそも、「折り鶴をほどいて元の紙(まっさらな折り紙)に戻す」という発想からして目からウロコ。普通、折ったらそのままだって(^_^;)
「折り紙で何かを作る」のは当たり前の動作・光景だが、逆の動作は全くの想定外で目新しい。こんな所にも、発想を得るヒントがありそう。



[4408] 明けましておめでとうございます

投稿者: 桃猫 投稿日:2019年 1月 3日(木)00時17分18秒 opt-115-30-237-151.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

旧年中は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
俳句に出会ってもうじき2年。
歩きながらスマホに音声でブツブツ呟いたり、お正月となれば「これが淑気か!」と
やたら深呼吸してみたり、相変わらず落ち着きがない私ですが
毎日がキラキラと楽しいことは間違いありません。
紅白歌合戦の組長の明るさ愛らしさにうっとりしつつ「去年今年」を思いました。


◆ぴいさん

素敵な鑑賞文の御紹介をありがとうございました。
心が震えるような美しい感性と文章。
血液がサラサラになるのを実感しました!
繰り返し読みたくなるようなサラリとした雪解の水のような澄んだ鑑賞文ですね。

>このような鑑賞が私に出来るでしょうか・・。

まさに私の心の声ですよ…( ̄∀ ̄;)
るるる句会で力が入りすぎて「上手いこと書いてやろう」という気持ちが
にじみ出てしまう自分が恥ずかしくなりました。
そうじゃないんだ、素直に感動するんだ、やわらかな心を平易な言葉で表すんだ、と
改めて思いました。
ひそかさんのおっしゃる「句にとって最も良い読み方」をしたいです。
疑似俳句対局選者という大きなお仕事、お疲れ様でした。
いつも掲示板を見守ってくださってありがとうございます。


お正月から素敵な文章を読むことができて幸せです!
皆様にとって今年も素晴らしい一年でありますように!



[4407] 素晴らしい鑑賞

投稿者: すりいぴい 投稿日:2019年 1月 2日(水)22時11分57秒 p3590020-ipngn201215osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

みなさんこんばんは
ひそかさん、次の機会を楽しみにしています。3が日はゆっくりできるようで良かったですね。

以下、あまりに素晴らしい鑑賞に打たれてしまいました。このような鑑賞が私に出来るでしょうか・・。
清水哲男さんの鑑賞にはいつも目から鱗です。
転載しますが、関係者の方、問題あれば削除いたします。すいません。

以下、転載 「増殖する俳句歳時記」 2005年12月25日記事より。

折鶴は紙に戻りて眠りけり 高橋修宏
無季句。しかし、何となくこの季節にふさわしいような気がする。「折鶴」のかたちに折られていた折り紙が、その形を解かれて「紙」に戻り、いま静かに眠っていると言うのである。この繊細なセンスは素晴らしい。ただの四角い一枚の紙が、鶴に折られると、もうただの紙ではない。形が与えられるばかりではなく、その形には折り手の願いや祈りも込められる。千羽鶴のためならなおさらだが、そうではなくとも、少なくとも鶴らしくあってほしいと願われるとき、折鶴にはそのようであらねばならぬという役割が生ずるわけだ。したがって、鶴の形をしている間は、寝ても覚めてもただの紙であることは許されず、常に鶴でありつづけなければならない。そこにはもとより、一枚の紙から鶴になった喜びもあるだろうが、その喜びと背中合わせのように、やはり役割を演じつづけるための緊張感がつきまとう。疲れるだろうなと、思う。そしてこのことは、私たち人間が役割を持つときとよく似ているなとも、思う。いや、逆か。社会的に役割を持つ人間が見るからこそ、折鶴のさぞやのプレッシャーを察するというのが順序だろう。ともあれ、そんな折鶴もいまは形を解かれ、残っている折り線がわずかに鶴であったことを示すのみで、羨ましいくらいに安らかに眠っている。これが、死というものだろうか。露骨ではないにしても、たぶん掲句は小さな声でそう問いかけているのである。『夷狄』(2005)所収。(清水哲男)

転載終り。ネット「増殖する俳句歳時記」2005年12月25日より



[4406] あけましておめでとうございます

投稿者: ひそか 投稿日:2019年 1月 2日(水)21時39分21秒 softbank060099220016.bbtec.net  通報   返信・引用

当地はまずは穏やかな年明けです。皆さま、いかがお過ごしでしょう。
本年もよろしくお願い致します。

年末に終わらなかった作業があるのですが、とりあえず三が日はそれを忘れてのんびりしております。
俳句……ろくに詠んでなくて反省です。
昔は俳句仲間と(もちろん組長も)「年末年始100句」とかやってたのに!
明日はちょっと吟行でもして、俳句エンジンを始動させたいものです。


すりいぴいさん、お気遣いありがとうございます。
はい、諸事情ございまして……。
ま、この先もピンチヒッター的にお引き受けすることはあるかもしれません。



[4405] 謹賀新年2019

投稿者: すりいぴい 投稿日:2019年 1月 2日(水)21時02分27秒 p3590020-ipngn201215osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

みなさん、あけましておめでとうございます。
いかがお過ごしでしょうか。寒いですね。雪の地方のみなさん、大丈夫ですか。
旧年中はやりとりさせていただいたみなさん、全いつき組のみなさんに刺激や励ましをいただき、
ありがとうございました。
溜まっている振り返りはまだですが、おいおい通常運転に・・。
今年は投句とは別に、「100俳マガジン」ふろくスケジュール手帖に掲載の日付ごとの季語で詠んでいきたいです。出来は別として・・5分で。とりあえず2日分終了(笑)。「読初」「餅花」でした。

本年もやりとりさせていただければ幸いです。引き続きみなさまのご活躍・ご健吟を祈念しております。

ひそかさん、疑似俳句対局選者をひとまず終了されるのですね・・。いろいろご多忙のことと察します。
お疲れさまでした。また状況等許せばと思います。まとめての挨拶、失礼いたしました。
P



[4404] 出遅れたー!

投稿者: めぐる 投稿日:2019年 1月 2日(水)20時44分37秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

すっかり出遅れましたが(汗)、2019年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします~~~!!!



[4403] せっかくの元日なので

投稿者: ヨミビトシラズ 投稿日:2019年 1月 1日(火)23時23分26秒 sp49-98-67-151.mse.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

大晦日は多数コメントがあったのに、元日は一転して静かに。
……みんな、家族とゆっくり過ごしているのだろうか?

取り敢えず、コメントを残してみました。今年もよろしく(^_^;)



[4402] Re: 2018年ありがとう!

投稿者: ひそか 投稿日:2018年12月31日(月)20時29分18秒 softbank060099220016.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.4401[元記事へ]

> >ひそかさん
> 表記すみません!訂正させて頂きましたー!
> 句の素晴らしさに鑑賞が追いつかず申し訳なく思うばかりですが、

いやいやいや、なんてことない景を詠んだだけの句に、とても深い鑑賞をいただいて恐縮しております。

今、紅白をチラ見しつつ、きっと今年中には終わらない作業をしております(笑)
いつきさん、めっちゃ笑顔でしたね。
楽しそうで何よりです。



[4401] 2018年ありがとう!

投稿者: めぐる 投稿日:2018年12月31日(月)19時44分34秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

皆さん、2018年いろいろと有難うございました!
皆さんに支えられ、感謝感謝の1年でした。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします!!!
良いお年を(≧v≦)ノ

>ひそかさん
表記すみません!訂正させて頂きましたー!
句の素晴らしさに鑑賞が追いつかず申し訳なく思うばかりですが、
来年も自分なりに感じたことを勝手に書かせて頂きますのでどうかご海容のほどを(≧_≦)



[4400] よいお年をお迎えください

投稿者: すりいぴい 投稿日:2018年12月31日(月)16時57分38秒 p3590020-ipngn201215osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

みなさまこんばんは。

めぐるさん、「クリスマスカクタス」の丁寧な鑑賞をいただきありがとうございます。
ひそかさん、ゆっくりなさってくださいね。
也緒さん、親子俳人、ご活躍素晴らしいですね。

気がつけばこの日。今年はいいつき組のみなさんと交流をより深められた年になりました。
簡単ではありますが、みなさまありがとうございました。
各種の句の振り返りはバタバタしてできず・・。ううう。
また年明けにぼつぼつ追いついて学ばさせていただきます。

来たる年もみなさま、ますますのご健吟を。
P



[4399] 良いお年をお迎えください。

投稿者: 青海也緒 投稿日:2018年12月31日(月)15時50分50秒 182-167-10-119f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

こんにちは、2018年は大変お世話になりました。
何度も私や息子の名前を出していただきありがとうございます。まとめてのお礼になり、申し訳ありません。
2019年もよろしくお願いいたします。
紅白も楽しみですね。
皆様、よい年をお迎えください。



[4398] 大つごもり

投稿者: ひそか 投稿日:2018年12月31日(月)13時40分52秒 softbank060099220016.bbtec.net  通報   返信・引用

気がつけば大晦日。一年がほんとに早いですねぇ。
まだやり残している仕事があるので、(絶対に今年中に終わらないなあ……)と思いながら、自宅でたらたら作業しております。でも、今年は久しぶりに紅白見なきゃいけないし。切りのいいところでやめて、早々にお風呂にも入らねば。

というわけで、皆さま今夜は紅白を楽しみましょうv
そして、どうぞ良いお正月を!

P.S. 大つごもりの句、表記は 「砂のうへ奔るおほつごもりの砂」で投句致しました。



[4397] 『一句一遊』金曜日!

投稿者: めぐる 投稿日:2018年12月30日(日)14時51分48秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

◆『一句一遊』兼題「大晦日」金曜日!
金曜日の皆さん、おめでとうございます!!
◇鸚鵡に一本大晦日のうどんかな  京都・一阿蘇鷲二
◇捻り梅たんと大晦日の鍋     あるきしちはる
◇太陽を宥め大晦日の牛生まる   新潟・じゃすみん
◇砂のうへ奔るおほつごもりの砂     NPOとうおん俳句部・ひそか
ちはるさんの「捻り梅」、「アレか!」とすぐに目に浮かびました。
そして「大晦日」とは、「新年を迎える目出度さ」に溢れているのだなと。
改めて皆さんの句を見ると、それぞれに「寿ぎ」のこころが表れているなーと気づくのでした。
ひそかさんの「砂」は、「時間」の暗喩でもあるのかなと感じましたが、全然違っていたらごめんなさい!
どっしりと横たわる大きな時間の中で、「1年」などこの一粒の砂のようだと。
表面をころころと必死で走る我々も、やがてこの大きな時間の中に同化してゆく。
だから精一杯泣きなさい、笑いなさい。
目の前の1年1年はやがて大きな時間の中で、この砂浜のようにきらきらと輝いてゆくのだから。
・・・そんなふうに思い、目頭を熱くした私でした。

◇神主の鬢ととのえる大晦日    不知火
全国の神主さんが、意識的にあるいは無意識に行っていそうな行為!
実際に見たことはありませんが、「まさにそうであろう」という実感を伴って感じられます。
こういった些事を捉える俳人の眼・・・憧れです。

『天』  大晦日艫(とも)に舳先に塩と酒  花芙蓉
「艫」というのは船のお尻のほうですね。「舳先」っていうのは船の先っぽのほうですね。船のお尻の方にも先っぽの方にも「塩と酒」をお供えして、そして当然その舟はきれいに掃除をして新年を迎える、そんな大晦日であるよ。見事な海の男がそこにいるような気もいたしました。(夏井いつき評)

これもまた、「まさにそうであろう」と、ありありと眼前に迫ってきた句でした。
どぉーんと大きな海のイメージがまた、「大晦日」という季語と相まってさまざまな感慨をもたらします。
良い時、悪い時、どうしようもない時、いろいろあった1年だろうと。
だからこそ、また新しい年を迎えられることに感謝し、次の年も無事に豊かに過ごせるようにと祈る。
競馬でも節目節目で馬の腰に盛り塩を見ることがあります。
デビュー戦であったり復帰戦であったり、引退レースであったり、新年の初競馬であったり。
感謝と祈りに満ちた、とても美しい景だと思います。



[4395] 天に祈りを・・・

投稿者: めぐる 投稿日:2018年12月27日(木)19時18分4秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

◆すりいぴいさん
こんにちは!
改めまして「クリスマスカクタス」金曜日おめでとうございます!
私ら世代にとっては「海運王」といえばジャクリーン・ケネディと再婚したオナシスでしょうか。
一目で「うわっ金持ち!」と分かる風貌が頭から離れません(^^;
「海運王」の視線の先のゴージャスな美女、優雅な船旅のイメージも。
真っ青な海を背景に、ピシっと決まった白いスーツ、まばゆい金髪、そして鮮やかな赤と緑・・・
絢爛たる色彩、そしてサボテンの中でもヒラヒラ・ギザギザの葉が特徴的な蝦蛄葉仙人掌から、
大人の二人の虚々実々とした関係性が浮かんできます。
なんか凄いな~~~・・・。ぴいさん、あんまり遠くへ行かないでよう(^^;;;;

>祈るべき天とおもえど天の病む
石牟礼道子さんのこの句、『現俳』のコラム(バックナンバー)で読みました。
ずずぅ~~~・・・ん・・・と絶望的な気持ちになり、
でも、それでも、「天に祈りを」と思う(≧へ≦)
「天の病む」と思い知るからこそ、また目に入る世界の美しさ、人の優しさが尊いのだと。
「苦海浄土」私も未読です。
「恍惚の人 有吉佐和子」と並んでじいちゃんの本棚にあったんだけどな・・・

「凩」、数句投句出来ました。
『一句一遊』は今日締切ですね・・・がんばるっ!



[4394] (無題)

投稿者: すりいぴい 投稿日:2018年12月27日(木)00時49分28秒 p3590020-ipngn201215osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

NHK, 12月30日朝6時25分~7時。「耳をすませば~闘い続けた”表現者” 石牟礼道子 金子兜太」が放送
されます。お二かたともに本年2月に逝去されました。

石牟礼道子さんは「苦海浄土 わが水俣病」がとても有名ですが、
「1986年5月には穴井太(俳人・故人)の世話により句集「天」(天籟俳句会)を刊行。
代表句
祈るべき天とおもえど天の病む
死におくれ死におくれして彼岸花

がある」(wiki)

とのこと。恥ずかしながら存じ上げませんでした。そういえば「苦海浄土」も読んでいない・・。
P



[4393] ありがとう

投稿者: すりいぴい 投稿日:2018年12月27日(木)00時16分44秒 p3590020-ipngn201215osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

みなさんこんばんは。

桃猫さん、めぐるさん、ありがとうございます。もったいない鑑賞までしていただいて・・。

お礼や一言鑑賞(蟻馬次朗さん、拝読しましたよ!)もろもろはあらためて後日に。溜まってるなあ・・。
あ、でも楽しみと学びでしているんで(笑)。
取り急ぎですいません。
P
あ、俳句生活「凩」は25日しめでしたが、ちゃんと出せましたか。明日は「寒猿」「食」しめですよ。



[4392] 『クリスマスカクタス』

投稿者: 桃猫 投稿日:2018年12月25日(火)19時46分19秒 opt-115-30-237-151.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

一句一遊『クリスマスカクタス』
金曜狙っていたんだけどな~~~!
金曜の皆様おめでとうございます!羨ましいです!(≧∇≦)


◇クリスマスカクタス抱え海運王  すりいぴい

この長い季語。難敵でした!
想像が無限に膨らみつつ俳句であまり使わない「海運王」という
言葉を取り合わせが素晴らしいですね!
私が季節をまたいで読み続けている「竜馬が行く」も海運の話なので
異国のサボテンを誇らしげに運ぶ明るい男性の姿が浮かびました。
棘も赤い花もとことん陽気!素敵な句ですね。
おめでとうございました!

クリスマスも過ぎ年の瀬ですね。
皆様、慌しい毎日をお過ごしのことと思いますがどうぞお体にお気をつけて。



[4391] 私のクリスマス

投稿者: めぐる 投稿日:2018年12月24日(月)02時09分44秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

◆桃にゃん
>クリスマスは息子さんと一緒にお祝いできそうですか?
むふふ!
22日(金)に苺のショートケーキを差し入れしました(≧▽≦)
1時間ほど様子を見ていたけど、くるくるマメに動き回ってお店を回している姿に感動・・・。
酔っ払いのお客さんとも仲良く話していてびっくりしました。
まさか一緒に働けることになるとは思っていなかったので、この幸運を逃さないよう全力で・・・
全力で適正な距離感を保つようにします!!!(T0T)



[4390] クリスマスイブイブ

投稿者: めぐる 投稿日:2018年12月23日(日)23時43分18秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

あーもうすぐクリスマスイブになっちゃう。何故か焦る。
何でだろうと思っていたら、『俳句チャンネル』が23日締切だったのを思い出したぜーーーー!
あっぶなかったぁ。

>やはり、めぐるさんは「そっち」で読みましたか……(^_^)
エヘ(^^;
非リア充なもんでね(^^;;;

私は、子どもにあまりにも「大好き」って言い過ぎて嫌われてしまっていたのですが、
「おかあ、死ぬ時も『ひろくん大好きだよ』って言うから、
『ひろくんもおかあが大好きだよ』って言ってね。
そしたらおかあ『よかった』って凄い幸せで死ねるからね」
って言ったら、
「おれぜったい言わん。言うたらおかあ死んでしまうんやろ?そんなん俺一生言わん」
って答えてくれたことを思い出すといつでも泣けます。

>三宮にでもブラブラ
一瞬「三宮でラブラブ」に見えたのは内緒です!
皆さん、良いクリスマスを!!!



[4389] (無題)

投稿者: 桃猫 投稿日:2018年12月23日(日)20時39分53秒 opt-115-30-237-151.client.pikara.ne.jp  通報   返信・引用

『枇杷の花』金曜の皆様おめでとうございます!!
皆様に書けなくてごめんなさい!!
素晴らしい句ばかりで素晴らしい句ばかりで(リフレイン)
敬省略お許しください。


◇びわのはなとおれませんとかいてある ゆいのすけ3さい

看板をまじまじと見て声に出しているようにも
振り返ってお母さんへ教える言葉のようにも。
枇杷の花が「ごめんね」と笑っています。
この言葉を受け止める慈愛に満ちたお母さんが見えるのがなんとも泣けます。


◇ほけん室のベッド広くてびわの花 幸の実(9さい)

とても大人っぽくって一読、ドキっとしました。
清潔な保健室、ベッドの清潔なシーツ。
どんな事情で保健室に来たのか分からないけれど枇杷の花の渋さが
女の子の中のキラリと鋭い大人の感性を表すようで素晴らしい!


◇枇杷の花なら見てゐられさうな予後 一阿蘇鷹二

予後、という着地が滅茶苦茶に上手い!
「枇杷の花なら見てゐられそう」という
髪の乱れた化粧気のない女性の気だるい呟きが
「予後」という言葉でそんな自分を俯瞰して見ている、とひっくり返る。
でも病気の気だるさは切れのない形に託されています。
枇杷の花でなければいけない句ですね。


◇枇杷の花吐きだしてゐる樋の口 比々き

一瞬の光景の切り取りの鮮やかさに吃驚した一句。
一つの絵の中に時間も映像も光も匂いまで感じられました。
「吐き出している」が「枇杷の花」をでもあり「樋の口」がでもあり
なんて美しい一句だろうと感激しました。


◇枇杷の花サンスクリット語で香る 蟻馬次朗

難しい一物仕立てを圧巻のオリジナリティ。
意外な取り合わせでありつつ読んだ瞬間に「嗚呼」と腑に落ちる快感。
>「枇杷の花」の寂しげだけれど、只者ではない感じをうまく表現しています。
の組長評が全て。枇杷の花を眺めて嗅いでひょっとしたら舐めて味わいつくして
この句を作ったのではないかという気がしました。ロックです。


皆様の句が素晴らしすぎて言葉が追いつかなくて申し訳ないです!
心がときめく素晴らしい枇杷の花の句をありがとうございました!



[4388] 訂正

投稿者: ヨミビトシラズ 投稿日:2018年12月23日(日)20時32分25秒 sp49-106-210-55.msf.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

×→当所 ○→当初
……細かいですが、念のため(^_^;)

クリスマスイブは、福h……じゃなくて、三宮にでもブラブラ遊びに行こうかな(^_^)
ああ……去年の今頃、句会で得点を量産していたのが懐かしい……
……時が経つのは、早いもんだ(-_-;)



[4387] あ~、やっぱり……

投稿者: ヨミビトシラズ 投稿日:2018年12月23日(日)20時24分56秒 sp49-106-210-55.msf.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

≫すごくよく分かるよーーー(T0T)
≫世界中に一人ぼっちみたいな気分だった頃は、
≫誰かに「好き」って言ってもらえたら、その瞬間死んでもいいって思ってたもん。
≫でも、幸せな瞬間は形を変えて何度となく訪れるから、時間が止まらないで良かったよ。
≫「二十四の君」にも存分に「そこから」の人生を味わって欲しいな~~~。

≫・・・とかゆーて、とんちんかんゆーていたらゴメンナサイ(^^;;



やはり、めぐるさんは「そっち」で読みましたか……(^_^)

実は、掲示板に書いてから気付いたんですが……この句(歌?)、2通りに読める句なんです。

【「大好きだ」ベッドの上で聞いてすぐ 時間を止めた二十四の君】

この句を、何の屈託もないリア充の人が読むと……

【ベッドの上で2人がイチャイチャしている。そんな時に、男の人に甘い言葉を囁かれた女の子が、時間が止まるような感覚を味わう(もしくは、「時間が止まっても良い」と思うくらいの幸福感に浸る)】

という読みになると思います。

しかしこの句、「縁起でも無い詩」の示す通り……当所は全然違う意味で書かれた句なのです。つまり……

【病床のベッドで、女の子が最期の時を迎えようとしている。男が「大好きだ」と耳元で囁くように(もしくは、叫ぶように)言うと、女の子は何も答えず、しかし満足したかのように自らの時間を止めた(=息を引き取った)。享年、僅か二十四だった】

という、バリバリの悲劇です。わざわざ「二十四(歳)」という無意味そうな数詞を使ったのは、このため。

で、「こんな悲劇の句が「恋人たちの町」の歌碑になるわけが無かろう。他にたくさん作品はあるだろうし、どうせ腕の立つ人たちがいっぱい投稿しているんだろうし」と思って掲示板に載せたんですが……投稿された作品をよく見ると「お墓ネタ」もあるし、2つ意味があって読み手が好きなように読めそうだし……?



これ……ひょっとして、もしかして…………
……「取っておいて、来年出しときゃ良かった」ってヤツ?(*_*)


レンタル掲示板
3373件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.