没句供養の時間です




[0] 没句供養の時間です

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 8月19日(土)22時43分48秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp

『俳句ポスト』や『NHK俳句』などで【没】になった句の敗因を探りたい・・・次の投句のための糧にしたい・・・なので忌憚のない意見が欲しいと願う人のためのスレッドです。叩かれたくない~悪いのは分かっているわ~!と仰る方は投稿しないでね(^_-)-☆





[186] 有難うございます!

投稿者: めぐる 投稿日:2018年11月 1日(木)00時00分23秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

つかっさん、ひそかさん、はのさん、有難うございます!!
やはり敗因はソコですよね~~~(^^;;;
「サフラン」に対して「料理」を出した時点で気づくべきでした。
そもそも「の花」から逃げたことも大きな敗因・・・「サフランの花」でシッカリ詠みたいと思います。

>ママは黒。サフランの色と合っている?
「黒」と「薄紫」+「赤」色の対比が綺麗と思ったのよ~~~ん(≧v≦)
「御影石」とか「大理石」とかも取り合わせの候補でした。
このところ「石」を使い過ぎなので要注意と思いつつ・・・。

「サフランの花」来年までじっくり考えます、有難うございました!!!




[185] サフランライスを思いました

投稿者: はまのはの 投稿日:2018年10月31日(水)19時20分46秒 PPPa264.w10.eacc.dti.ne.jp  返信

バーバママがサフランライスを作っている景が浮かびました。
サフランの花は浮かびませんでした^^;



[184] バーバママ

投稿者: ひそか 投稿日:2018年10月30日(火)23時08分4秒 softbank060099220016.bbtec.net  返信   編集済

失礼します。
バーバママ、確かに知名度はあると思います。私も(ああ、あれね)と画像は思い浮かべる事ができます。
ただ、「では具体的にどういうキャラ?」と聞かれると「こういうキャラだ」と説明できる人は、それほど多くないような気がします。
となると、(この取合せがホントにいいんだろうか?)と読み手は迷うことに。
俳句でキャラを詠む場合は、ある程度、具体的な情報を共有できないと成功するのは難しいかなぁと思います。

そして、サフランの場合は原則「サフランの花」という季語なので……
「サフランや」で料理上手とくれば、おっしゃるように香辛料のことかと取られてしまいそうで、そちらを一考したいところかと。



[183] キャラとの取り合わせ。すごく気持ちがわかります。

投稿者: 司啓 投稿日:2018年10月30日(火)19時25分41秒 i114-190-136-38.s41.a027.ap.plala.or.jp  返信

こんばんは。
思ったことを、好き勝手に箇条書きしてみました。

・具体的な料理の様子が欲しいです。
・上手は意味よりも、ジョーズという音の響きで活かしたいです。
・ママは黒。サフランの色と合っている?
・同系色のピンク色のパパなら、どうだろう。
・花サフランお腹ぐるぐるバーバパパ・・・う~ん

こんなところです。
ただ、このキャラとの取り合わせのチャレンジ。
すごく気持ちがわかります。
痛いほど・・・何故なら、没の自句も、また・・・

『文太撃ち健さん斬るや花さふらん』ううっ。

おたがいに、また次、ガンバロー!
(弾はまだ残っとるがよ、一発残っとるがよ)オー!
では、また!



[182] 『一句一遊』兼題「サフランの花」

投稿者: めぐる 投稿日:2018年10月30日(火)01時08分35秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

【没】サフランや料理上手なバーバママ

自句自戒
「サフラン」が香辛料のようだー。
「バーバママ」は童話「おばけのバーバパパ」に登場する、バーバパパの奥さん。
知名度はかなりあると思うので、これを使ったこと自体は失敗ではないと思うのですが。
https://www.plazastyle.com/charapla/barbapapa/



[181] 季節感

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 9月 2日(日)09時10分32秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

はのさん、おはようございます!

>「けり」は秋が、「をり」は春が似合うかなぁ
言われてみれば!
確かに、哲学的なことに思いを馳せがちな秋には「けり」が、
そしてのどかな時間の中で幸福感にひたる春には「をり」が似合いますね!
となると暑さの中で何もかもなるがままの夏には「なり」が、
厳しい寒さの中にあっても意思を貫きたい冬には「たり」が似合うかも。
もちろん、内容によるのですが、
季節によって浮かびやすい感慨がある気がしますね。
例句を探す時も、「たり」は冬、夏の句に多いような気がしていました。
はのさん、こちらこそ有難うございます!!



[180] めぐるさん、ありがとうございます

投稿者: はまのはの 投稿日:2018年 9月 2日(日)08時48分4秒 KD106139015155.au-net.ne.jp  返信

めぐるさん、いつも有益なコメントをありがとうございます。

切れ字、難しいです。
読み手がどう読むかを意識すると尚更で。

めぐるさんのお返事を読んで、この句の上五中七なら、「けり」は秋が、「をり」は春が似合うかなぁとも思いはじめました。

他にも気づくことがあれば、どなたでもコメントいただければ幸いです。



[179] もぅと啼く

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 8月31日(金)12時46分38秒 221x244x57x206.ap221.ftth.ucom.ne.jp  返信

はのさん、こんにちは!
スレを活用してくださり有難うございます~~~!

>これ、「けり」ではなく「をり」の方が良かったかなぁと。
難しいところですね!
「をり」の醸し出すのどかな時間の流れも捨て難いですが・・・
個人的には「けり」の小さな驚きに一票です!
日々はこういった小さな発見に満ちている・・・という感慨がきらきらと立ち上がって、
ゆっくりと流れ行く「鰯雲」に大きく見守られているように感じられ、あたたかい気持ちになります。

みなさんはどうでしょうか?



[178] けり、をり

投稿者: はまのはの 投稿日:2018年 8月31日(金)09時12分33秒 KD106139015076.au-net.ne.jp  返信

ご無沙汰しております。
はまのはのです。
ボツではないのですが、ご意見いただけれは幸いです。

俳句ポスト「鰯雲」
キリンの子もぅと啼きけり鰯雲 はまのはの

これ、「けり」ではなく「をり」の方が良かったかなぁと。

キリンの仔もぅと啼きをり鰯雲 はまのはの

投句するときもちょっと迷ったのですが、その時は小さな発見に重きをおいたんです。
でも、目の前のことを淡々と述べた写実句の方が良かったかなぁと、る印の記事を読みながら、また、考えてしまいました。

どちらが好きかだけの返事だけでも結構ですので、コメントいただけれは嬉しいです。



[177] 女性を活かす

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 8月11日(土)02時32分57秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

ぴいさん、有難う!
トノトを作るのは条件の限られた女性である、という記述もありますので、女性の要素入れたいですね。
刈り取る時の仕草とか。歌とか。祭りの動画とか見ながら、ゆっくり考えてみます。



[176] (無題)

投稿者: すりいぴい 投稿日:2018年 8月11日(土)00時27分42秒 p3331178-ipngn201107osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  返信

めぐるさん、こんばんは。

さて・・。火の神は竈の神。「火」か「竈」どちらかでいいのかなあ。
ひとつおもいついたのは「たわわ」を活かすこと。
なので女性を感じさせる何かを前半にもってきてはどうでしょう。
最初に「女神」を書いているのは、適切だったかもしれません(汗)。
〇〇は××といわずに、神様と母性をなんとか前半に詠めればなあ、と思いました。



[175] ありがとうーーー!

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 8月10日(金)21時58分36秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

ぴいさん、早速ありがとうございます~!!
>ゼウスは男の神、というのと同じ。
そうなんですよ、「で?」で流される感じですよね(^^;
世界的に見ても、女性の神は若く美しいことが多くて、おばあちゃんっていうのが珍しいと思ったんですが、
それなら「アイヌの」という情報が必要だなあ、これだと舌足らずだなあと・・・。

火の神は竈の神よ稗たわわ

これならスッキリするかしら?



[174] お・・おお・・

投稿者: すりいぴい 投稿日:2018年 8月10日(金)16時56分37秒 p3331178-ipngn201107osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  返信   編集済

めぐるさん、みなさんこんにちは。

御句を拝見しました。私の意見でよければ・・。
・上五中七は、火の神そのものをいったにすぎないかも。ゼウスは男の神、というのと同じ。
・優しきも微妙ですね。おそらくこの句の中で個性を出そうとした言葉なので、
まだまだいろんな言い方を試すことができそうですね。
ただ、これは主観で、「優しき」で充分に個性が出ていると考える選者もおられるかと。
「たわわ」とも合っていますし。
「火の神」がどう受け取られるかですよね・・。曖昧ともいえるし、(調べないと)
稗との響き合いが伝わりにくいか・・?いや、これでいいかなあ。

・良いな、と思った点。直接にアイヌの神々の名や、学術的専門用語を出さなかったところ。
学術用語、専門用語を使うと、それにまかせた句になりやすい。堀本せんせも「便利な言葉」を
戒めていました(掲示板での比々きさんの引用。例えは「ホバリング」とか)。
でも、使うとしても、ようは詠みようなのですが。このことはぼくが最近意識している点です。

結論
火の神と稗の間を再考する。 失礼しました。あくまで初心者の主観ということで。

アイヌは今回私もちょっと調べましたが、奥深いです。



[173] 久々にお願いします!!!

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 8月 9日(木)16時39分22秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

うわーーーん!!!
「稗」間に合いませんでした!!
アイヌの神様から、

火の神は優しき老女稗たわわ

と思いついたのを推敲している途中で、気が付いたら投稿フォームは次の兼題に・・・(T0T)
結局「これ!!!」という案も浮かばなかったので、皆さんのお知恵を拝借したいです。
よろしくお願いいたします!!!
<参考記事>
アペフチカムイ
https://yaoyoro.net/%E3%82%A2%E3%83%9A%E3%83%95%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4.html
トノト(稗の酒)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%88




[172] かりふらわー

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 2月12日(月)10時15分15秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

>バツイチ子持ちと読んでもらっても大丈夫です!
>その場合は「花椰菜」(カリフラワー)が季語になります。
「子持」は両がかりとしても読めるかなーと思ったんですが、
読み方次第で季語が変わる仕掛けだったんですね!
高等技術にびっくりです!

>そして「花椰菜」は以前に一句一遊の兼題になってました。
全然知りませんでした(^^;;;;;
今回調べてみたら、なんと2011年11月の兼題だったんですね!
過去記事までしっかり見ているアニキが凄いです。
その姿勢が現在の結果に繋がっているんですね。
私ももっと勉強しなくちゃ(^^;;;



[171] カリフラワー (Re: ブロッコリー)

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2018年 2月12日(月)00時44分34秒 zaqd37c84ed.zaq.ne.jp  返信

めぐるさん
> >子持花椰菜
> アニキー、おかげで知識がひとつ増えました!
> 「こもちはなやさい」ってゆーんですね、ブロッコリー。
> 「バツイチ子持ち」と読めてしまうあたりがマイナスだったのかなーとうっすら思いましたが、

バツイチ子持ちと読んでもらっても大丈夫です!
その場合は「花椰菜」(カリフラワー)が季語になります。
因みにブロッコリーもカリフラワーも冬の季語。
そして「花椰菜」は以前に一句一遊の兼題になってました。

まあ、そういうところやお便りも含めて「月曜日」に読んでもらおうという魂胆だったですが (^^;



[170] ブロッコリー

投稿者: めぐる 投稿日:2018年 2月11日(日)08時16分49秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

>子持花椰菜
アニキー、おかげで知識がひとつ増えました!
「こもちはなやさい」ってゆーんですね、ブロッコリー。
「バツイチ子持ち」と読めてしまうあたりがマイナスだったのかなーとうっすら思いましたが、
報告のみということですのでこのまま流しますね。
凍っていたスレを動かしてくれてありがと~~~!!



[169] 一句一遊「子」

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2018年 2月 9日(金)21時47分14秒 zaqd37c84ed.zaq.ne.jp  返信

姉ちゃんはバツイチ子持花椰菜

今回の「子」は組長の絶滅[寸前|危急]季語辞典から季語を頂こうと冬(投句時点では冬)・春(発表週は立春後)の子を含む季語を調べると5つ、その中で「子持花椰菜」(ブロッコリ)を使いたくて (^^;

ああ、このスレの本意は句を良くするために意見が聞きたいってことですよね。
今回は単にこんなバカな句を投句しましたって報告ですw



[168] ありがとうございます!

投稿者: 桃猫 投稿日:2017年10月19日(木)19時53分54秒 opt-183-176-31-5.client.pikara.ne.jp  返信

◆ひそかさん♪

体調はいかがですか?アドバイスいただけて嬉しいです♪ いつもすみません。

ああそうか!「の下」は説明的だったか…
葡萄棚の日陰が「束の間の再開」に合っている!と思い、そこを推敲する考えが思い浮かびませんでした。

>結果的に季語である葡萄が脇役になっている、というか。

たしかにそうですね!
「葡萄棚」という言葉だけで格子と重そうにぶら下がる葡萄が見えてくるなあ…
そうしたら句またがり8文字も使う必要がないですね!
私は葡萄を脇役にしてしていたのか~~~!!納得です!

>棚に実る葡萄そのものの様子を詠んで、「つかの間の再会」と取合せてもいいのでは。

おお、幼馴染との甘酸っぱい再会という感じ…! ひそかさんの言葉で素敵なイメージが広がりました!
本当にありがとうございました!


◆めぐるしゃん

忙しいところありがと~~!!
山香ばしさんとひそかさんのアドバイスを分かりやすくまとめてくれた上に

>季語と「つかの間の再会」(「束」は「たば」と思われる可能性もあるので)の間を、
>オノマトペか何か両がかりとして読める言葉を挟むと綺麗

細やかなアドバイスをありがとう!
漢字とひらがなの配置、本当に悩みます。「束」はたしかに「たば」の印象が強いなあ。
お二人の御意見をしっかり読んだつもりでいたけれど、そうか!ひそかさんの提案は取り合わせの句として詠むという意味だね!
自分の理解力の低さが恥ずかしい~
恥ずかしいけどめっちゃ勉強になります。

たいていここに書き込もうとすると、はっとして、自分で没理由が思いつくんだけど
今回は思いつかず供養させていただきました~
愛のこもった供養をしていただきすこぶる美人に生まれ変われそうです…!
山香ばしさん、ひそかさん、めぐるさん、本当にありがとうございました!



[167] 葡萄棚

投稿者: めぐる 投稿日:2017年10月19日(木)11時42分59秒 221x244x57x206.ap221.ftth.ucom.ne.jp  返信

◆桃にゃん
◇再会は束の間ぶどう棚の下
「葡萄棚」、これは絶対「漢字で書きたい!」魅惑の言葉ですよね。
>それでしたら「ぶどう」を漢字表記にしてもOKですね!やったー♪
桃にゃんの気持ちがよっく分かります!可読性を考えて平仮名にしていたんですね。
私も「の下」が余計かな?と感じたので、これを外して、
季語と「つかの間の再会」(「束」は「たば」と思われる可能性もあるので)の間を、
オノマトペか何か両がかりとして読める言葉を挟むと綺麗かな~と思いました。
山香ばしさん案・語順を変える(季語が上に来ると存在感ググっとUP)
ひそかさん案・ひとまとまりの十七音でなく、取り合わせの句にする
凄く参考になりました、有難うございます!



[166] Re: あっ!!

投稿者: 山香ばし 投稿日:2017年10月18日(水)23時47分29秒 p2222-ipbf802hiraide.tochigi.ocn.ne.jp  返信

桃猫さま
句会はいい悪いじゃなくて、その時のめぐり合わせもありますからね。
喜んでいただけて、こちらもうれしいですよ。



[165] 説明的かも

投稿者: ひそか 投稿日:2017年10月18日(水)23時47分6秒 softbank060099220016.bbtec.net  返信   編集済

雰囲気のある句ですね。
ひとつだけ、「ぶどう棚の下」というのが、再会の「場所を説明している」印象なのが気になりました。
葡萄棚の下の再会って、とても素敵なシチュエーションだと思いますけれど、結果的に季語である葡萄が脇役になっている、というか。
棚に実る葡萄そのものの様子を詠んで、「つかの間の再会」と取合せてもいいのでは。



[164] あっ!!

投稿者: 桃猫 投稿日:2017年10月18日(水)21時52分5秒 opt-183-176-31-5.client.pikara.ne.jp  返信

本当ですね~~!!
吃驚しました!!
語順って凄い!!
山香ばしさん、電光石火のマジックのような添削をありがとうございました!
それでしたら「ぶどう」を漢字表記にしてもOKですね!やったー♪
山香ばしさんの一行目のお言葉が涙が出るほど嬉しいです!!
句会ではきっと他のお句が良すぎて埋もれたということで・笑



[163] Re: ぶどう棚の下

投稿者: 山香ばし 投稿日:2017年10月18日(水)21時33分30秒 p2222-ipbf802hiraide.tochigi.ocn.ne.jp  返信

けっこう雰囲気があって映像も見えていい句だと思うのですが、語順かな。
ぶどう棚の下再会は束の間
と上下ひっくり返すとリズムが出るかなぁと感じました。



[162] ぶどう棚の下

投稿者: 桃猫 投稿日:2017年10月18日(水)20時43分21秒 opt-183-176-31-5.client.pikara.ne.jp  返信

没句供養おねがいします~
湯豆腐句会で気に入っていたけど1点のみ。
あとの二句は0点なので(涙)よく頑張った子(句)なのですが…

◇ 再会は束の間ぶどう棚の下

秋の句だし来年まで置いとけないので成仏させてやってください!



[161] ジェシカ・ラング

投稿者: めぐる 投稿日:2017年10月17日(火)17時22分18秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

◆すりいぴいさん
>(あのニコルソンとジェシカ・ラング、良かったですね)。
はひっ!(≧▽≦)ノ
私も、ジェシカ・ラングに頼まれたらソノ気になると思います!(オイ
ニコルソンは、「シャイニング」を先に観ているので、なんか登場する度にいつ豹変するかと怖くて。
「そういえば『世界最速のインディアン』は怖くなかったな」と思ったら、
それはアンソニー・ホプキンスでした(^^;

原句、特選を下さった方もいたし、すりいぴいさんや耳目さん他、良いコメントを下さった方もいて、
非常に嬉しく、このままでもいいかな・・・って思ってたんですが、
「映画を喚起させないで、私の描きたい景を出すとしたら?」と、チャレンジしたくなりました。
>いっそ、二度、再度もなしにして、雨の郵便夫でストレートに組み直してはいかが。
おぉ!ズドンと来ました!!!
そうか、私もともとの発想にとらわれ過ぎていたのかも。
なんか今ボヤ~~~!と光が見えてきました!!!
いつか整理された十七音になって出て来るのを待ちますね、有難うございます!!

◆洒落さん
>「時雨でベルの音が聞こえにくいので、二度ベルを鳴らす」って良いでしょうか。
そうですそうです。「二度ベルを鳴らすとしたらどんな時だろうか?」と考えたので、
その要因を「雨」に求めました。
でも、「や」で切ったら、関係ないことを書かないとっていう前提を忘れてましたね(^^;;;
>「二度目のベル」+助詞を中七にに持ってきて……
これも考えたんです。「秋時雨二度目のベルを配達夫」。
これを「推敲2」として書き込もうとしたら(仕事中)、すりいぴいさんのコメントが入っていて、

しかし、すりいぴいさんのご助言で、冷たい雨の中を黙々と走る配達夫の姿さえ描ければいいと・・・
自分の中にあった、「思いつきを面白がる気持ち」みたいなものがぽろっと落ちて、
なんかうっすら見えて来た気がしました。
そして、推敲出来たら、どこかに投句してみようという気持ちにもなったので、
あとは結果が出た時に「こうなりました」って報告させて頂きますね!!

お二方、本当に有難うございました!!!



[160] 私もちょっとだけ考えた (Re: 私も少し考えた)

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2017年10月17日(火)16時21分23秒 zaq7ac49ec5.zaq.ne.jp  返信   編集済

すりいぴいさん
> > 「第7回プチ句会」でイマイチだった「二度ベル」を何とかしたい!!と思っています。
> >
> > 原句:二度ベルを鳴らす時雨の配達夫  改善したい点=映画のタイトルの印象が強すぎる
> > 推敲案1:時雨るや再度ベル押す配達夫
> >
> > 「二度」を「再度」に替えるだけでもちょっと印象が違うかな?
> > あと、季語も上五に持ってきて、存在感UPを図りました。
> > どうでしょうか?

先ずめぐるさんの読みたかったのは「時雨でベルの音が聞こえにくいので、二度ベルを鳴らす」って良いでしょうか。
もしそうなら、ストレートに読むと。

> こんばんは。寝落ちしたあと目が覚めてしまいました。
> 映画のタイトルの印象・・ですか。
>
> 推敲句は「や」で切れてはいるけれど、時雨れたから、早く配りたい、帰りたいから
> 再度ベルを押す、という、理由→ 結果と読めてしまうような・・。

すりいぴいさんが書かれてる「理由→結果」を感じてしまいますね。
私は逆に原句の時には「ベルの音が聞こえにくい」が読み取れてなかったので、もし「郵便配達は(いつも)二度ベルを鳴らす」って小説・映画を知らなければ、取り合わせの句として○or△だったかも。


> また、「再度」というのは説明っぽく、本句ではそぐわないような
> (もともと再度って句に入れにくい印象)。「再度」は詠み手自身の行為なら
> 入れられそうな気がする言葉かな、と。

うーん、私も「再度」はなんか感覚的にイヤかな。


> いっそ、二度、再度もなしにして、雨の郵便夫でストレートに組み直してはいかが。
> 二度(再度)ベルを遺すと、やはりあの小説、映画を想起してしまうかも

「二度」「ベル」「押す」と全部揃うとどうしても思い出してしまいますよね (^^;
「二度目のベル」にして「押す」はつけないとかどうでしょうか。

> (あのニコルソンとジェシカ・ラング、良かったですね)。
> でも映画を想起させること自体は、そんな悪いことでもないとも思いますが。
>
> なま言ってすいませんすいません・・。個人的見解です。失礼しました。
> 他の方はいかがですか。

「二度目のベル」+助詞を中七にに持ってきて……
と考えたのですが、十七音を完成させることができませんでした (^^;



[159] Re: 私も少し考えた

投稿者: すりいぴい 投稿日:2017年10月17日(火)04時59分27秒 p5230-ipbfp2302osakakita.osaka.ocn.ne.jp  返信

>>158
> 「第7回プチ句会」でイマイチだった「二度ベル」を何とかしたい!!と思っています。
>
> 原句:二度ベルを鳴らす時雨の配達夫  改善したい点=映画のタイトルの印象が強すぎる
> 推敲案1:時雨るや再度ベル押す配達夫
>
> 「二度」を「再度」に替えるだけでもちょっと印象が違うかな?
> あと、季語も上五に持ってきて、存在感UPを図りました。
> どうでしょうか?

こんばんは。寝落ちしたあと目が覚めてしまいました。
映画のタイトルの印象・・ですか。

推敲句は「や」で切れてはいるけれど、時雨れたから、早く配りたい、帰りたいから
再度ベルを押す、という、理由→ 結果と読めてしまうような・・。
また、「再度」というのは説明っぽく、本句ではそぐわないような
(もともと再度って句に入れにくい印象)。「再度」は詠み手自身の行為なら
入れられそうな気がする言葉かな、と。

いっそ、二度、再度もなしにして、雨の郵便夫でストレートに組み直してはいかが。
二度(再度)ベルを遺すと、やはりあの小説、映画を想起してしまうかも
(あのニコルソンとジェシカ・ラング、良かったですね)。
でも映画を想起させること自体は、そんな悪いことでもないとも思いますが。

なま言ってすいませんすいません・・。個人的見解です。失礼しました。
他の方はいかがですか。



[158] 私も少し考えた

投稿者: めぐる 投稿日:2017年10月17日(火)02時39分41秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

「第7回プチ句会」でイマイチだった「二度ベル」を何とかしたい!!と思っています。

原句:二度ベルを鳴らす時雨の配達夫  改善したい点=映画のタイトルの印象が強すぎる
推敲案1:時雨るや再度ベル押す配達夫

「二度」を「再度」に替えるだけでもちょっと印象が違うかな?
あと、季語も上五に持ってきて、存在感UPを図りました。
どうでしょうか?

「帰り花」と「凩」は、推敲後どこかに出してみたいので、まだここには書きません。



[157] おっとっと

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月28日(木)21時03分58秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

◆桃にゃん
いえいえ添削などとんでもござらぬよ~~~(汗
でも、桃にゃんのイメージに嵌ってくれたのであれば嬉しいです!!
ひそかさん案の「いっそ三段切れ」もカッコいいなと思いました。
女は、「拗ねる」でも可愛いかも、とも。
「『海行こう』っていうから楽しみだったのに・・・埠頭なの~?砂浜じゃないの?」みたいな(^▽^;
この女、ユーミンの名曲「埠頭を渡る風」を知らない世代と見た。
「埠頭」じゃなく、「岩場」とか「崖」で「愁嘆場」だと、事件が起こりそうでコワイ???

>絵面的に不自然ではないかと思います。
これ、少し言葉足らずだったんですが、
原句だと、「鯔」の登場が唐突なので、十二音の中で「海辺だよ」っていう情報を忍ばせた方が、
ということを言いたかったんでした。でも多分伝わったっぽいので感謝です、ありがとうね(^^)ノ

>PLUTO
確かウランちゃんが出て来たあたりまで読んでたのよ~~~こんどちゃんと最後まで読んでみるね!!
浦沢直樹なら、「パイナップル・アーミー」もお薦めだ!(^_-)-☆



[156] ひそかさん!

投稿者: 桃猫 投稿日:2017年 9月28日(木)20時48分16秒 opt-183-176-31-5.client.pikara.ne.jp  返信

◆ひそかさん

ボラ~!!拙句過ぎて恥ずかしいですがコメントをありがとうございます!!

◇ 哭く女窓の寒潮縞をなし

寒潮…冬の海の寒々とした潮の流れ なのですね。

>この句、男がどうしたとは全然書いてないのに、あきらかに男の存在が感じられますよね。

ああ、本当にその通り…
この場にいるのは絶対に男ですね!
暗い窓からの景色と部屋の空気…二人の男女。冬の波音と寒さが部屋に満ちて…

>「女泣き男謝り鯔跳ねる」は、作者が全部言ってしまっているので、
>読み手が想像する余地がないかなぁと思います。

ああ、おっしゃるとおり!
言い切りすぎでした!
想像の余地はないけど「だからなんやねん!」とツッコミの余地はあり…
そして三段切れも中途半端…orz

でも、こんなに多くのアドバイスをいただけてこのボラ句はめちゃくちゃ幸せな子です~!
ひそかさん素敵なコメントをありがとうございます。
いつか「こんなに良い句が没だったなんて!」とこのスレッドで言われてみたいですっ・笑
そんな夢と野心を抱きつつ次回もきっと…



[155] ボラ~!!

投稿者: 桃猫 投稿日:2017年 9月28日(木)20時22分53秒 opt-183-176-31-5.client.pikara.ne.jp  返信

◆めぐるしゃん

「PLUTO」読んだと書いたことを覚えてくれていたのね!ありがとぉ~~~!!
「MONSTER」より怖くなかったので手塚先生が好きなら是非っ!
(最近、やっと読んだ私なので偉そうに言えませぬが)
添削してくれて本当にありがとうございます!

>海釣りをしていると、よく跳ねるのを見る魚ということで、絵面的に不自然ではないかと思います。

やっぱりそうか~~~(汗

◇ 埠頭では愁嘆場らし鯔跳ねる

や~~ん!!!素敵!!
これが描きたかった~~!(プレバトでよく聞く台詞?)
「らし」の第三者感が凄く良いですね!
「埠頭では男女が揉めているらしいのう」と懐手の人物が浮かび上がってくる~・笑
ボラ~…じゃなかった「鯔跳ねる」が活きてる!
凄く好きな句です~~~!!
普通のジャイアンときれいなジャイアンくらい生まれ変わらせてくれてありがとう!!
清清しく成仏いたしました。ありがたや~~


◆洒落神戸さん

>そうですね、最初の句は三段切れ?
>そして「泣く」「謝る」「跳ねる」と一句に動詞が三つ……
>流石にこの方針は厳しいかと。
>よっぽどリズムが良いとか綺麗に韻をふんでるとかとか。

きゃー!そうですね!!これじゃ三段切れだ~!
めぐるさんの添削句の心地良さ、遠景から近景への動きと比べるといかにも、
ぶつんぶつんとした感じと動詞3つが俳句の良さを掻き消していますね~!
動詞3つをあまり気にしていなかったけど、そう言われたら本当にそうだわ~
納得のアドバイスに句も笑顔で「ボラ~~」と言いながら成仏できました・笑

きっとまたお世話になりますのでその時はどうぞよろしくお願いします!



[154] 泣く女といえば

投稿者: ひそか 投稿日:2017年 9月28日(木)20時17分7秒 softbank060099220016.bbtec.net  返信

三鬼の句に「哭く女窓の寒潮縞をなし」てのがあります。
この句、男がどうしたとは全然書いてないのに、あきらかに男の存在が感じられますよね。

「女泣き男謝り鯔跳ねる」は、作者が全部言ってしまっているので、読み手が想像する余地がないかなぁと思います。
泣いている女の様子を描くだけで、男の様子も見えてくるのでは。

もひとつのやり方としては、いっそ開き直って三段切れにするとか。
「女泣く男謝る鯔跳ねる」くらいな感じで。「女怒る」にしたら韻は踏めるけど、なんかちょっと違う感があるし……



[153] Re: ボラ~・・・

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2017年 9月28日(木)10時59分40秒 zaq3d2e533e.zaq.ne.jp  返信

めぐるさん
>
> でした。「女/男/鯔」のスリーカットから、遠景の埠頭から近景の鯔に寄る感じになったかな?

そうですね、最初の句は三段切れ?
そして「泣く」「謝る」「跳ねる」と一句に動詞が三つ……
流石にこの方針は厳しいかと。
よっぽどリズムが良いとか綺麗に韻をふんでるとかとか。

> 埠頭では愁嘆場らし鯔跳ねる

ボラは残したいので、めぐるさんのように男女の修羅場っぽいのはまとめて書いて、最後にそれとは無関係に「鯔跳ねる」とするのが良さそうですね。



[152] ボラ~・・・

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月28日(木)01時22分43秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

◆桃にゃん
「ボラー」っていうと「PLUTO」思い出しますなー。怖かったので読んでないデス(><)
(「Monster」も怖かったので読んでない。「Masterキートン」なら全巻持ってます)
さて、「鯔」。
海釣りをしていると、よく跳ねるのを見る魚ということで、絵面的に不自然ではないかと思います。
参考になるかどうか分かりませんが、桃にゃんの解説を読んで自分の中から出て来たのが

埠頭では愁嘆場らし鯔跳ねる

でした。「女/男/鯔」のスリーカットから、遠景の埠頭から近景の鯔に寄る感じになったかな?



[151] 供養をお願いいたします

投稿者: 桃猫 投稿日:2017年 9月27日(水)21時54分28秒 opt-183-176-31-5.client.pikara.ne.jp  返信

皆様~
先日の湯豆腐句会で気に入っていたけれど無得点だった句の供養をお頼み申します~

◇ 女泣き男謝り鯔跳ねる

ボラ…見たことないんですが海に住んでて体長は数センチから50センチ。
体長の2、3倍跳ねるらしいです。出世魚。秋の季語。
別れ話、または男の浮気が判明したカップルの愁嘆場。
海辺で男女はシリアスに泣いたり謝ったりしていますが、そんなことにお構いなしにボラは跳ねます。ぽしゃん。
ドラマの見せ場のシーンの撮影で無駄に背景で鯔が跳ねて監督が「カーーーーット!!!(怒」とか怒鳴っても面白いなあ~なんて妄想しつつ、そこまでは描けてないですね…
鯔がどこにいるか立ち位置が分からなかったのが敗因かなと思いました。
もしよろしければ御教授ください。



[150] わああ、有難うございます!!!

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月23日(土)12時15分21秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

◆ひそかさん
お疲れ様です、お忙しい中アドバイスを有難うございます!!!
>「行水名残ほろほろと雲ほぐれ」
>言葉の意味としては七・五・五になりますが、
>五・七・五のリズムと微妙にずれるところが逆に内容と合うのではないかと。
下五から上五へ!下五をキッチリ五音にすることで、読み下した時のスッキリ感が増した気がします!
そして原句の下五「名詞止」よりも、上五へのループ感が強力になりました。
口遊んでいる間にも、ほろほろと雲がほぐれて鰯雲になっていきそうです。
ひそかさん、有難うございます~!

そして今週も堂々の『一句一遊』金曜日、おめでとうございます!!!
ひそかさんからの学び、大切にしたいと思います・・・!



[149] 出遅れましたが

投稿者: ひそか 投稿日:2017年 9月23日(土)10時32分16秒 softbank060099220016.bbtec.net  返信

慢性的にいろんな作業に追われてまして、出遅れましたが。

「ほろほろと雲ほぐれ行水名残」
この句の言葉を活かすなら、語順入れ替えるだけでいいような。
「行水名残ほろほろと雲ほぐれ」
言葉の意味としては七・五・五になりますが、五・七・五のリズムと微妙にずれるところが逆に内容と合うのではないかと。

さてまた作業に戻ります。はふー



[148] ほろりほろほろ

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月22日(金)22時01分55秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

◆洒落神戸さん
>「ほろり行水名残」となっていて、これが近いと。
あっ、位置の問題だったですかっ(@@;
なんか「演歌っぽい」とのご指摘もあったので、ならばいっそ「ほろり」要らんかなと感じました。
自分では「ほろり~なごり~」とリズムを作ったつもりだったところ、
小手先でチョロチョロすることに囚われていたかもなあと反省ちうーーー(^^;
いずれにしろ、「瘤雲がしぼむ」という表現で「秋の訪れ」をまざまざと感じさせてくれた【天】の句に脱帽ですよね(;;)



[147] Re: 皆さん、ありがとう!

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2017年 9月22日(金)21時40分59秒 zaqd37c86fb.zaq.ne.jp  返信

月波さん
>
>  雲ほろり/ほぐれ行水名残かな
>  雲ほぐれ/ほろり行水名残かな
>
> としたのは、上五で切って読んだ場合
> 「ほろり」が掛かる言葉が分かりやすいかなと思ったからです。

そういう意味でしたか!

> 私は、句跨りであっても5・7・5で区切って読む癖があります。

タカ派ですねwww
我が家でもそうです。
逆に昨日のプレバトのプレバトチームと開成の試合での読み方が違和感が (^^;

(続く)


めぐるさん
> ただ、
> >「ほろり」と「名残」が近すぎるかな……
> という洒落神戸さんのご意見も鑑みると、
> 上記の第1案が一番スッキリするのかな、と思いました。

あっ、私が近すぎると書いたのは最初の3)のが「ほろり行水名残」となっていて、これが近いと。
雲がほろりと崩れるのと行水名残は近すぎるとは思ってませんので (^^;

> >私は、句跨りであっても5・7・5で区切って読む癖があります。
> 私も、心の中で読む時は常に5・7・5に区切っています。
> 声に出す時もそうすると天地わたるさんから教えて頂いて有難かったです(^^)
> 読みやすい、声に乗せやすい、音韻の美しい句が詠めたらいいなあ・・・!

(続き)

NHK俳句だったかな?
王子が「鷹」では句またがりでも五・七・五のリズムで読むと。
わたるさんも鷹ですからね。

その為、我が家では句またがりの句をわざとらしく五・七・五で読んで、「お前、タカ派だな!!!」というのがネタにw



[146] 皆さん、ありがとう!

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月22日(金)20時58分26秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

皆さん、ご意見有難うございました!
確かに、2番が一番スっと入ってくる感じですね。
「スっと読めること」大事ですね!
>別アイディアとして、行水名残を頭に
一応考えてはみたのですが、自分の中では微妙でした。
1)行水の名残りや雲のほどけゆき
2)行水の名残りや雲のほろほろと
・・・と言ってもこの2パターンだけですが(^^;
ただ、
>「ほろり」と「名残」が近すぎるかな……
という洒落神戸さんのご意見も鑑みると、
上記の第1案が一番スッキリするのかな、と思いました。

>私は、句跨りであっても5・7・5で区切って読む癖があります。
私も、心の中で読む時は常に5・7・5に区切っています。
声に出す時もそうすると天地わたるさんから教えて頂いて有難かったです(^^)
読みやすい、声に乗せやすい、音韻の美しい句が詠めたらいいなあ・・・!



[145] Re: 行水名残 & 広 (Re: 『一句一遊』の・・・)

投稿者: 中山月波 投稿日:2017年 9月22日(金)19時41分25秒 zaq3a5500cf.zaq.ne.jp  返信   編集済

>  雲(が)ほろり(と)ほぐれ(て)/行水名残かな
> と思いました。

右に同じです(^_^)

 雲ほろり/ほぐれ行水名残かな
 雲ほぐれ/ほろり行水名残かな

としたのは、上五で切って読んだ場合
「ほろり」が掛かる言葉が分かりやすいかなと思ったからです。
私は、句跨りであっても5・7・5で区切って読む癖があります。




[144] Re: 『一句一遊』の・・・

投稿者: すりいぴい 投稿日:2017年 9月22日(金)19時13分32秒 p5203-ipbfp2902osakakita.osaka.ocn.ne.jp  返信

めぐるさん、月波さん、洒落神戸さん、みなさんこんばんは。
私もいいでしょうか・・。

少し違う観点から・・。

天の句、ああ瘤雲(入道雲、夏の雲)がもう見えない頃なのだなあ、という感じ。
夏の終りをしっかり伝える言葉、「しぼむ」が活きてるような。

確かに秋は鰯雲とかいい、雲が小さくなる、またはほぼ無くなることが多い頃。
「ほぐれ」では、夏も終わったんだなあ・・秋かあ・・
という名残の心情を伝えるにはやや弱いような。
しぼみ、とほぐれの効果の差かな、なんて思いました。

(あとリズムはいかが? 別アイディアとして、行水名残を頭に
(行水の名残や~、行水の名残に~とかはないですか)

意見、失礼しました。ちなみに1,2,3どれか、だけなら2番。

この場合、洒落神戸さんのように、
雲(が)ほろり(と)ほぐれ(て)/行水名残かな、と、うけとりました。

失礼いたしました。



[143] 行水名残 & 広 (Re: 『一句一遊』の・・・)

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2017年 9月22日(金)18時24分52秒 zaqd37c86fb.zaq.ne.jp  返信   編集済

月波さん
> > 推敲例
> > 1)ほろり雲ほぐれ行水名残かな
> > 2)雲ほろりほぐれ行水名残かな
> > 3)雲ほぐれほろり行水名残かな
>
> 私は写生句っぽい2)推しです。
>  雲ほろり/ほぐれ行水名残かな
> 「ほろり」は主に雲に掛かり「行水名残」にもうっすら響いています。

うんうん、私も2)が良いと思いました。
私はこれは

 雲(が)ほろり(と)ほぐれ(て)/行水名残かな

と思いました。
「雲がほろりとほぐれる」と「行水名残」のとりあわせで、そして月波さんが書かれているように「ほろり」って雰囲気が少し行水名残の「名残」に響いてると。

>  雲ほぐれ/ほろり行水名残かな
> 「ほろり」は両方に掛かりますが、切れているぶん「行水名残」に重心があり、ちょっと演歌っぽいかな?

こちらは、同じように切れてると思って、

> 「名残」という言葉に寂しい気持ちは含まれていると思いますので、
> 「天」のお句のようにシンプルがいいかと(^_-)

「ほろり」と「名残」が近すぎるかな……

> ひとりざぁけ~ てじゃくざぁけ~ えんかをききぃ~ながら~ ほろりざけ・・・・♪

行水名残もボツ、広もボツ(今週、来週のうちなら可能性は今週だと)、宗太鰹は自信ナシ。
やけ酒でも飲むか~

同じ「広重」を使っても、ひそかさんのようにさらりと詠めません orz

 【ボツ句】海苔茶漬じゃぶりと食ひて広重忌 洒落神戸

まあ、発想自体が貧困で類想類句のドツボにハマってトッピンシャン♪なんですが……
東海道五拾三次カードが復活してから、何十杯お茶漬けを食べたか (^^;;;

https://www.nagatanien.co.jp/contents/news_release/418.pdf



[142] Re: 『一句一遊』の・・・

投稿者: 中山月波 投稿日:2017年 9月22日(金)17時18分35秒 zaq3a5500cf.zaq.ne.jp  返信   編集済

> 推敲例
> 1)ほろり雲ほぐれ行水名残かな
> 2)雲ほろりほぐれ行水名残かな
> 3)雲ほぐれほろり行水名残かな

私は写生句っぽい2)推しです。
 雲ほろり/ほぐれ行水名残かな
「ほろり」は主に雲に掛かり「行水名残」にもうっすら響いています。

 雲ほぐれ/ほろり行水名残かな
「ほろり」は両方に掛かりますが、上五で軽く切れているぶん「行水名残」に重心があり、ちょっと演歌っぽいかな?
「名残」という言葉に寂しい気持ちは含まれていると思いますので、
「天」のお句のようにシンプルがいいかと(^_-)

ひとりざぁけ~ てじゃくざぁけ~ えんかをききぃ~ながら~ ほろりざけ・・・・♪



[141] 『一句一遊』の・・・

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月21日(木)23時54分44秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

『天』  瘤雲はしぼみ行水名残かな  いつき組リスナー班・旧重信のタイガース

「行水名残」ってホント長い季語なので、「行水名残かな」という9音を巧い事下五に置いて、あと頭のところで光景だけ言ってるんです。入道雲じゃない「瘤雲」という言い方がまたいいじゃないですかね。瘤雲はしぼんでしまった、そして行水名残の頃になったよと。シンプルですけれども季節感もすっきり入っておりますし、なかなかの名品になりました。

似た句を出していたので、もう少し何とかしてあげたかった!と強烈に後悔・・・。

【没】ほろほろと雲ほぐれ行水名残  小川めぐる
【天】瘤雲はしぼみ行水名残かな   いつき組リスナー班・旧重信のタイガース

推敲例
1)ほろり雲ほぐれ行水名残かな
2)雲ほろりほぐれ行水名残かな
3)雲ほぐれほろり行水名残かな

「ほろり」が、雲にも気分にもかかりそうで、第3案がいいのかなと思いました。
いかがでしょうか?



[140] 有難うございます!

投稿者: めぐる 投稿日:2017年 9月18日(月)00時05分39秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp  返信

◆ひそかさん
いつもフォローして下さり有難うございます!
> 「落つる」で下五が終わっている句の場合は「落つる(ことであるなあ)」という感じで、
なるほどです、俳句的省略ですね!よく分かりました(^^)



[139] ありがとうございます (Re: 落つる)

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2017年 9月17日(日)23時45分18秒 zaqd37c85b9.zaq.ne.jp  返信

ひそかさん
> 「落つる」で下五が終わっている句の場合は「落つる(ことであるなあ)」という感じで、( )内の言葉が詩的な意味合いで省略されている、と私は読むようにしています。組長もたぶんそうしているかと。
> 文語なら「落つ」が終止形ではありますし、もちろん句によっては終止形にしたほうがいい場合もありますが。

わっ、私がだらだらと言い訳を書いてる間にコメントが。
ありがとうございます!

やはり文語の時は「落つ」ですよね。
でもそれだと「陽は落つ」で字足らずだし、「釣る」と韻が踏めない (^^;

ひそかさんの話だと許される場合もあるってことですね。
でも、それは文法を理解していて、そういう意味で使った場合の話ですよね。
(間違って使って結果的に許されても自分的にはよろしくない。)
もっと勉強してちゃんと文法チェックするようにします! m(_ _)m

※こちらの掲示板には即興性を重視してチェック不十分のことを書くことがあるかも知れませんが (^^;



[138] Re: メッチャ楽しそう!

投稿者: 洒落神戸 投稿日:2017年 9月17日(日)23時38分24秒 zaqd37c85b9.zaq.ne.jp  返信

めぐるさん
> ◆洒落神戸さん
> >鰯釣る鰯釣る釣る陽は落つる
> つるつる、メッチャ楽しそう!
> でも、確か「落つる」だと連体形になって、「落つるがごとく」とか「落つるにまかせ」とか、
> 「落つる○○」と続く言葉があるような。
> 例:風吹けば落つるもみぢ葉水きよみ散らぬかげさへ底に見えつつ
>   筑波嶺の峰より落つる男女川恋ぞつもりて淵となりぬる

あーっ、やっぱり。
最後に「文法的に自信がない」と書こうか悩んだんだけど。

今、図書館でこんな本(画像)を借りてきたりして文法の勉強してるけど、わからんwww
因みに一つ目の方の著者は開成を率いてるセンセイです。
今日のNHKの番組には佐藤郁とあったのが、著書の方には「郁良」と書いてるので俳号かな。
「いくら」と読みますwww

鰯釣る鰯釣る釣る陽は落ちる

なら、OKだ。
「落ちる」は終止連体同形で、この場合は終止系。
でも、「釣る」と「つる」でかけたかったんだけど……
「落つ」の場合は「落つる」だと連体形で、終止系だと「落つ」。
うーん、どちらにしても最後を「つる」とすることはできませんね orz


> ・・・イヤー、ついに大阪にも強風が!家が軽く揺れてますっ(@@川

神戸は先に風が来て、それが通り過ぎてから大雨でした。
まあ特に大ごとのにもならず。



[137] 落つる

投稿者: ひそか 投稿日:2017年 9月17日(日)23時36分9秒 softbank060099220016.bbtec.net  返信   編集済

「落つる」で下五が終わっている句の場合は「落つる(ことであるなあ)」という感じで、( )内の言葉が詩的な意味合いで省略されている、と私は読むようにしています。組長もたぶんそうしているかと。
文語なら「落つ」が終止形ではありますし、もちろん句によっては終止形にしたほうがいい場合もありますが。

松山は台風過ぎ去ったようです。重信川という、普段はほとんど水の無い河がすごいことになっていたようですが、水位も下がり始めました。
松山のあたりって石鎚山がひかえているせいか、ありがたいことに台風などの災害がほとんど無いんですよねえ。
大雨・強風の猛威にさらされている地域の皆さま、どうか被害が出ませんようにと願っております。


レンタル掲示板
お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.